ノバキッドまほう学校。第11章
ノバキッドまほう学校

ノバキッドまほう学校。第11章

...しゅじんこうたちが まほうげんごりょうに行き、すべての学生 が 同じようにべんきょうずきではないことを知る

「かれは、いい子だったよ。言うことをきかないことはなく、じゅぎょうちゅういたずら をしたこともなかった。しょうじき言って、それほどゆうしゅうではなかったけど、そのうち よくなると思ってる。せいせきのわるい学生の多くは、時がたつとよくなっていくからね。そんなケースがいくらでもある。」 とハンサムなアカギツネのルド・ビック先生は言いました。ルド・ビック先生は、まほう学校のなかでそだち、頭のわるいこぎつねから、だれよりもすごい、じゅんぶんがくと、まほうのしの先生になったのでした。
「それほどゆうしゅうではなかったって、どういういみですか?」とルナはききました。
「せいせきが、下のほうだったってことですか?」アストロがずばりききました。
「アストロ、なんでそんなふうに言うのよ!」ルナはおこって言いました。
「ごめん。ただ、そういったほうがわかりやすいだろうと思って。」 と、アストロはあ やまりました。


「きみたち、じつのところ、ふたりとも、それほどはずれてはいないよ。」ルド・ビック先生はしずかに答えました。「じつのところ、ニッキーくんはとても…なまけものの学生だった。もし、知っているたんごをふやし、げんごぎじゅつと、はつおんと、音のきまりをもっとべんきょうしていたなら、ずっとよいせいせきがとれただろう。さあ、これがかれのへやのドアだ。」

続きを読むためにダウンロード

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。