お問い合わせ

幼児・子ども向け英会話

子ども向け英会話は、記憶力や注意力、想像力を高める、発達のためのレッスンとして、親御さんに選ばれています。
Children
Video

ゲームが一番

新しい単語を覚える、文法を学ぶ―先生の目的が何であれ、それはゲームの形で子どもに提示されます。子どもは、英語はゲームでないと成り立たないものと認識しているはずです。レッスンは、先生の言うことをよく聞いて、その通りに動けば貴重な星がもらえる、ゲーム形式であるべきです。

Banner

先生が世界のすべて!

子どもにとっての先生は、単に知識を提供するだけの存在ではありません。先生がルールを決め、子どもはそれを受け入れるか受け入れないかのどちらかです。

生徒が英語を好きになるかどうかは、先生にかかっています。英語を学び始めたばかりの子どもたちにとって、最初のレッスンは非常に重要です。先生は子どもの記憶にポジティブな印象を残さなければなりません。

幼児・子ども向けの英会話レッスンでは、ゲーム形式と、子どもが先生と喜んで遊ぶことの2つが決め手になります。ではプロセス自体はどうでしょうか?

何でも使う!

体で覚える。子どもも同じです。子どもたちは、言葉で伝えられないことをすべて、表情や身振りで伝えます。飛び上がったり、腕を振ったり、首を回したりして、大人に自分の要求を伝えようとします。

幼児が英語を学ぶときも同じです。幼い生徒たちと一緒に、先生がボディランゲージを使って脚韻や数、歌を学ぶことで、次のように子どもたちが成長していきます。

  • あらゆるタイプの記憶を使います。
  • リズムと脚韻で、長い文章を覚えることができます。
  • 表情やジェスチャーが言葉の意味を伝え、翻訳しなくても明確にわかります。
  • 文章には、よく使われる口語的な構造が含まれています。子どもがそれらを覚えると、それがパターンになります。将来的に、実際のコミュニケーションで同じような状況にあったときに、それらを使うことができるでしょう。
  • 愉快な音楽を加えることで、レッスンが明るく楽しくなります。

”Look and touch" (見て触ろう)はどのように役立ちますか?

子どもたちには、鮮やかな色や美しい絵が描かれた、触ることのできるカラフルな視覚教材が必要です。当スクールの先生たちは、授業中におもちゃを使います。先生はおもちゃに話しかけたり、ジョークを言ったり、小さな生徒に意味を教えるために使ったりします。能動的なインタラクションは、子どもたちとのレッスンを成功させる4つ目の要素です。

子どもたちはよく、お気に入りのおもちゃを授業に持ちこみます。先生はゲームの中でそれらを使い、子どもを学習プロセスに巻き込んでいきます。この方法は、気の弱い子どもにも有効です。

Banner

    そして、最後に

    能動的なインタラクションの中で、すべての要素が全体として組み合わされ、子どもたちに英語を教えます。幼児との効果的なレッスンにおいては、子どもは、体を動かす(アクティブゲーム、ダンス)、話す、物を作るという3つのタイプの活動をします。幼児・子どもに英語を教える際には、以下のことが重要になります。

  • 最初のレッスンで子どもの心をつかみ、信頼関係を築くことができる先生。
  • 幼児の主な活動としてゲームを使うこと。
  • 鮮やかで印象的な視覚教材。
  • 子どもがレッスンに夢中になるような、能動的なインタラクション。