お問い合わせ

ゼロからの英語: いつから始める?

今の時代の親御さんたちはみな、外国語を学ぶ必要性を理解しており、ほとんどは英語を選択しています。しかし、一番の問題は、「子どもはいつから英語を学ぶべきか 」ということです。
Children

対立する2つの意見があります。

学齢期から始めたほうがいいと考える人もいれば、生まれてすぐに英語学習を始めてもいいと考える人もいます。これらのアプローチのメリットとデメリットを見てみましょう。

    7~8歳の子どもがゼロから英語を学ぶことのメリット

  • 学校での英語の授業が始まります。子どもたちは「これは授業なんだ」と理解しているので、興味を持って真剣に取り組みます。
  • この年齢では、母国語の音と文字のシステムがすでに形成されており、このシステムを英語で学ぶことは、子どもに何らかの発話障害がある場合に役立ちます。
  • 子どもは他の子どもたちと知り合うことや、ゲームのアイデアを提供することを恐れず、自立心を発揮し始めます。コミュニケーションは家族の輪を超え、英語の知識が海外旅行や休暇の際にも使われるようになります。このように英語を使用することは、「総合的な発達」のための勉強よりも、成果を重視した勉強をするためのさらなる動機となります。

    デメリットは?

  • 生徒たちは、就学前と学校の環境の違いを知っています。もし子どもが学齢期に一から英語を学び始めるのであれば、すでに教科ごとのシステムを経験しているため、学習プロセスに対して特定の態度をとることになります。また、教師が子どもを巻き込んで、語学スクールでの初学者向けの英語学習が学校の勉強とは違うことを証明するのも難しくなるでしょう。
  • 小学校低学年は、子どもたちにとって非常にストレスの多い時期です。1年生では、生活が劇的に変化することでストレスを感じます。2年生になると、子どもたちはより難しい教科のためにストレスを感じます。英語を学ぶことは非常に抽象性が高いものです。最初のうちは、子どもたちは意識的に記憶を使うことができず、それまでの母語学習の経験は役に立ちません。
  • 学校では、子どもたちは母国語の文章や文法を学びます。それと並行して外国語を学ぶことは、子どもの混乱や内心の反発を招きます。

生まれてすぐからの英語

早くから英語を学びたいと熱心に思うことが、必ずしも良い効果をもたらし、長続きする結果となるとは限りません。

生まれてすぐからの外国語学習が正当化されるのはどんな場合ですか?

両親のどちらかが英語しか話さない場合や、子どもが母国と、例えばアメリカの両方に住む場合です。バイリンガルの子どもは、長い間、両方の言語を混ぜ合わせているので、母国語を話す幼稚園に行くと、話すことに困難が伴います。この問題は、脳が2つの言語システムを同時に、かつ非常に早く学習するためですが、受動的な語彙が能動的な語彙に変わるのはそれほど早くないので、子どもはより早く思い出せる言語の単語を使うようになります。

知っておくべき大切なこと...

早期学習の「メリット」は、子どもがすぐに能力を発揮するということです。幼少期に一から英語を学んだ子どもたちは、英語と母国語の単語が混ざったような言葉を話します。会話の中で最初に思い浮かんだ言葉を自動的に使います。数を数えたり、色の名前を言ったり、命令したり、遊んだり、歌を歌ったり、英語のアニメのキャラクターのセリフを引用したりします。しかし、子どもにとっての第一言語は、最もよく話す言語であることに注意してください。常に使われていなければ、子どもはすぐに第二言語を忘れてしまうでしょう。

専門家の意見は?

英語をゼロから学ぶのに最適な年齢は、5〜6歳です。子どもたちはすでに母国語を流暢に話し、その言語をどのように習得したかを記憶しています。新しい言語を学ぶのは簡単で、子どもは何の苦労もしないでしょう。

「総合的な成長」のために英語を学ぶことは、記憶力、注意力、想像力、抽象的思考を発達させます。また、第二言語のシステムを形成し、学習と記憶のための意識的なメカニズムが関与していれば、その言語が奇妙で異質なものとして認識されることはありません。

子どもたちは当スクールのビデオレッスンを待ち望むことでしょう!

また、ノバキッドオンライン英会話スクールの先生たちは、英語をゼロから学び始めたばかりのお子さんのために、楽しく役立つレッスンを心がけています。当スクールのビデオレッスンでは、お子さんが興味を持たないままにはならず、お子さんは言語環境に完全に浸って英語を学ぶことにワクワクすることでしょう。

Banner