子供の英語学習のモチベーションを維持する方法
モチベーション

子供の英語学習のモチベーションを維持する4つのコツ

英語を学習する時の最大の壁の一つがモチベーションの維持です。特に子供の場合、大人よりも集中力が低く、興味がわかないものにはすぐに飽きてしまいがちです。モチベーションを維持できるように工夫して学習を進めていくことが英語学習ではとても大切です。「じっと机に向かって英語の勉強ができない」、「英語の勉強なんてイヤだという」、「遊びに夢中で英語の宿題をやりたがらない」など、子供の英語学習のモチベーションにまつわる親の悩みは尽きません。今日は、どうすれば子供がやる気をもって楽しみながら英語を学べるか、そのモチベーションをアップし、維持する4つのコツを紹介します。

1.英語を学びたい理由を親子で一緒にみつける

英語を学ぶとこんなことができるよ、だから英語を学ぶのだよ、という目的を親が子供と一緒に考えることが大切です。「好きなアニメのキャラクターが話すことがわかるようになるよ」や「世界のあちこちを旅行することができ、いろいろな国に友達ができるよ」など子供にとってイメージしやすくわかりやすい目的を示してあげるといいかもしれません。そして、何よりも一番大切なのは子供の興味に寄り添うことです。野球が好きな子供なら、野球で使われる言葉の多くが英語であることを示し、そこから英語に対する子供の興味関心を育てていくのもいいでしょう。机に向かうのが苦手で体を動かして遊ぶのが好きな子供には、遊びを通じて自然に英語に親しむ環境を作ることもモチベーションの維持につながります。たとえばノバキッドの英語レッスンでは子供の興味関心に合わせ、ゲームや遊びを豊富に取り入れたレッスン内容なので、子供の集中力が途切れることなく英語を学ぶことができます。机に向かって勉強することだけが英語の勉強ではありません!親子で動物園や公園に出かけたときに「この動物の鳴き声は英語でどう表現するのかな」や「この花の英語の名前は何だろうね」など、子供の興味に合わせて、一見、英語と関係のないことを話している時も、さりげなく英語とつなげてみる工夫が大切です。

2.小さな達成感を積み重ねる

英語学習はコツコツと毎日継続することが大事です。しかし、これはなかなか簡単なことではありません。日々の学習にぜひ工夫として取り入れてほしいのが「よくがんばったね!」や「ここまでできたのすごい!」という声かけと達成感を子供が目に見える形で感じられることです。親子で目標を一緒に決めてそこに到達したらシールを貼る、スタンプを押すというのでもいいでしょう。カレンダーやノートにシールやスタンプがどんどんたまっていくのを見たら、ここまで達成したという喜びともっとがんばろうという気持ちを子供がもち、英語学習のモチベーションの維持につながるでしょう。

3.間違いを正すときはやさしく、さりげなく

誰でも間違いは犯すもの。子供が英語を間違ったときに「それ、間違っているよ」や「そうではないでしょ!」と頭ごなしに否定し、間違いを正すことは子供の気持ちを委縮させ、モチベーションの低下にもつながります。もし間違った時は、さりげなく会話の中で正しい英語表現を大人が口にし、自然と正しい言い回しを子供が覚えるようにするといいでしょう。

4.無理のない方法で継続

どんなに工夫をしていても英語学習のモチベーションが上がらない日はあります。そんな時は無理せずに思い切って英語の勉強をお休みし、生活の中で自然に英語に触れるだけにするのもおすすめです。英語の音楽をBGMでかけたり、好きな英語の絵本を親子で一緒に読んだりアニメや動画を一緒に観たりするだけでOK。自然と耳や目から英語が吸収されます。子供の好きなことに寄り添いながら親子でコミュニケーションをしっかり取ることが、子供の英語学習にとって一番のモチベーションの維持といえるでしょう。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。