就学前の英語学習について:子供達をオンラインクラスに参加させるべきでしょうか? - Blog Novakid Japan
教育

就学前の英語学習について:子供達をオンラインクラスに参加させるべきでしょうか?

小学校1年生が近づいてくると、だんだんお子様のことが心配になる親が増えてきます。

昔ながらの教科であれば問題ないのですが、外国語を学ぶとなると様々な疑問が浮かんできます。

学校で学べる英語のレベルは、たとえ言語学習が進んでいる学校であっても様々です。英語学習のレベルは教師の能力、教育コースの適切さ、学生の総合的な能力、その他多くの要因によって決まります。特にオンライン教育はその影響が強いです。

専門家によると、就学前に教育機関に通っていない子供は約390万人も存在しています。その理由について尋ねると、ほとんどの親は «子供は家にいたほうがいいから”と答えました。しかしオンラインスクールという選択肢も存在します。例えばオンラインでは子供はレッスン中母国語を使わずに、ネイティブスピーカーと英語を学ぶことができます。これは今までの就学前教育の枠組みの中では実現できなかったことです。ネイティブスピーカーと言語を学ぶことは、学校教育が始まる前に子供のレベルを引き上げることができるという大きなメリットがあります。

「様々なゲーム形式やリワードシステム、両親が進捗状況を確認できるユーザーフレンドリーなインターフェースのおかげで、家族全員が通信教育の成果と満足感を味わうことができます」と経験豊富な教師であり、Novakidオンラインスクールのメソドロジー責任者であるエイミー・クロレベーツカヤ氏はコメントしています。

オンライン語学コースを活用すれば、学校が始まるまでの間お子様を退屈させることなく、小さい頃から言語を大好きにさせることができます。子供は幼い時の方が情報を吸収しやすいことは広く知られていますが、オンラインスクールの熱心な生徒は膨大な知識やスキルを持った状態で学校に入学できます。ただしデメリットも存在します。

想像してみてください。あなたのお子様はオンラインスクールで2年間勉強を続けています。そして入学後、学校の授業に興味が持てないことに気づきます。なぜならアルファベットや冠詞は1年半前に既に学習した内容だからです。退屈して授業に参加しないので、同級生からはやがて傲慢だと思われてしまいます。どうすれば良いのでしょうか?学校の語学クラスに参加しない?そんなことは許してくれない先生もいるでしょう。同級生と喧嘩するのは良くないですし、他の子供達との社会的な繋がりも絶たれます。これはお子様のためにオンライン・スクールを選んだ両親にとって、大きな障害になるかもしれません。

一番良い方法は、オンラインとオフラインを組み合わせることです。適切なスケジュールで組まれたレッスンを受講することで、学校のプログラムに順応しながら、同時に何か別のことを勉強することができます。例えば、リスニングやネイティブスピーカーとの会話など、学校の授業ではカバーできない経験が得られます。

オンラインツールが教育の分野で幅広く導入されていることを考慮し、多くの専門家がオンラインとオフラインの組み合わせこそがこれからのスタンダードだと考えています。今日ではデジタルテクノロジーの進化で以前は想像さえできなかったことが可能になりました。家にいながらほとんどの情報源にアクセスできるだけでなく、一つの教室に集めなくても世界各地の何十人もの生徒とコミュニケーションをとり、授業を行うことができます。しかし、伝統的な教育の原理原則が無くなる訳ではありません。

例えば、先生との生のコミュニケーションに代わるものはありません。いずれにせよオンライン幼児教育を検討する際は、お子様の意見を聞き、通信教育に対する反応を観察し、パソコンやタブレットを使う時間を楽しめているかどうか確認する必要があります。また、無理やりオンラインレッスンを押し付けるのも良くありません。拒否反応が強くなって外国語を学ぶ意欲を失ってしまう可能性があるからです。そうなってしまうと語学を学習すること自体が大きな問題となってしまいます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。