Scrolltop arrow icon
JP
JP flag icon
Mobile close icon
シェア
LinkedIn share icon

英語の先生選び、失敗しないための7つの注意点:こんな先生は要注意!
両親のためのノバキッド
Star icon
07.12.2022
Time icon 5 min
Comment icon 0
Heart icon 1

英語の先生選び、失敗しないための7つの注意点:こんな先生は要注意!

目次

子供の英語の先生選び、何を基準に選んだらいいの?特にマンツーマンのレッスンでは先生の影響力は大きいので、先生選びに失敗したくない!今日は個人レッスンの先生選びで失敗しないための7つの注意点を紹介します。ノバキッドではあえて、教師はすべてネイティブ教師、というポリシーを掲げ、厳しい採用基準で教師を採用しています。どうすれば良い先生に出会えるか、教師選びの失敗を避けるためのヒントをお伝えします。

こんな先生はNG:その①正規の国際資格をもっていない先生

専門教育のディプロマがあればよいというわけではありません。例えば、外国語の場合、その教師がTEFLやTESOLなどの国際的な資格を持っているかどうかに注目することが重要です。

また、教師が短期間のコースではなく、正規の教育課程を修了しているかどうかも重要なポイントです。 例えば、TESOLには標準的な学習プログラムの他に、簡易版コースがあります。50ドルの参加費と40時間のレッスンを受けるだけで、誰でも教師を名乗ることができるのです!

こんな先生はNG:その②最初から高い達成目標を約束する先生

良心的な先生であれば、まず生徒の英語力をチェックするテストを行い、最初に、目標とその達成期限を親と相談した上で、学習計画、学習方法、レッスン回数を提示します。さらに、具体的な課題や子どもの性格も考えて提案してくれます。

生徒のことを知りもしないで、最初から、試験で満点を取れるようにします、〇〇に必ず合格させます、と甘い言葉で約束する先生には要注意です。

こんな先生はNG:その③自分の教え方にこだわる先生

生徒の個性やレベルに合わせ、柔軟に教え方を変えられない先生は、残念ながら、教える能力が低いといえます、どんなに豊富な教材や良い教授法があっても、その子に合わなければ、良い結果は生まれません。生徒の資質に合わせて教えてくれる先生を選びましょう。

こんな先生はNG:その④フィードバックをしない先生

良い先生は、常に子どもの個性と課題に対する生徒の現状を考慮に入れながらレッスンをします。そして、生徒との信頼関係を築き、情緒的な相性を高めていくのです。通常、お互いの信頼関係を築くには1~3回程度のレッスンが必要です。3回レッスンを受けてもピンとこなかったら、先生を選び直す理由になります。子供が先生に対し好感をもてなかったり、恐れを感じている場合、ストレスの要因となり、良い学習効果が生まれません。また、このストレスが子供を英語嫌いにする可能性もあり、将来的にモチベーションを上げることが非常に難しくなります。常に学習の進捗をフィードバックし、親や子供からの評価に対してもオープンで柔軟に対応し、改善してくれる先生を選びましょう。

こんな先生はNG:その⑤レビューが良すぎる、悪すぎる先生

オンラインの教師レビューでもしその先生に否定的または中立的なレビューが1つもないのであれば、どれほどそれが本当なのかを少し考えたほうがいいかもしれません。レビューサイトでは、フェイクもあることを忘れてはいけません。

もちろん良いレビューがないことも、考え直す理由になります。まだ経験不足の新しい先生かもしれません。あるいは否定的なレビューのためにアカウントを変更している先生の可能性もあるので要注意です。

一般的に、先生に関する他の保護者のレビューを検索する最も簡単な方法は、公式のオンライン教育プラットフォーム上の先生を選ぶことです。そのようなオンラインリソースに登録されている教師は、慎重にチェックされ、すべての卒業証書や証明書が確認されています。また、他の保護者からのレビューが収集されていることも便利です。教師の評価も簡単に見ることができます。

こんな先生はNG:その⑥宿題を出さない先生

学習効果を強化するための課題がないのは不安材料です。宿題は生徒がどのように教材を習得しているか、特にどの点に注意しなければならないかを把握することができる便利なツールなので、宿題を出さない先生は生徒の実力を本当に把握する気があるのか疑わしい限りです。

注意したいのは宿題を出す先生であっても、その宿題をレッスンの時間内で生徒と一緒に取り組む先生。これではなかなか先に進むことができません。本来であれば、生徒が次のレッスンまでに宿題を先生に送り、採点は事前に済ませて次回のレッスンで一緒に復習しながら新しいことを教えてくれるのが良い先生です。

こんな先生はNG:その⑦料金が安すぎる先生

オンラインでいろいろなサービスが利用可能になった現在、価格設定にも大きな影響が出ています。十分な能力を持たない人が仕事を探し、最低価格を設定することで、クライアントを獲得しようとします。もちろん、単にマーケットの相場を理解していない優秀な教師が「通常より安い」価格を設定する場合もあります。でもあまりにも安すぎる料金設定には注意してください。1時間あたり500円程度のレッスン料金は、間違いなくアウトでしょう。

いかがでしたか?もし記事の内容が参考になった場合は、ぜひ下記の、いいねボタンを押したりコメントをお寄せくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Arrow icon 前のページ
両親のためのノバキッド
23.11.2022
Time icon 7 min
子供の集中力が続かない!どうしたらいい?原因と対処法
次のページ Arrow icon
両親のためのノバキッド
14.12.2022
Time icon 5 min
エモーショナルインテリジェンスを育てよう:子供の心の知能を育てるコツ
言語を選択してください
Down arrow icon
RU flag icon Russia EN flag icon Global English CZ flag icon Czech Republic IT flag icon Italy PT flag icon Portugal BR flag icon Brazil RO flag icon Romania JP flag icon Japan KR flag icon South Korea ES flag icon Spain CI flag icon Chile AR flag icon Argentina SK flag icon Slovakia TR flag icon Turkey PL flag icon Poland IL flag icon Israel GR flag icon Greece MY flag icon Malaysia ID flag icon Indonesia HU flag icon Hungary FR flag icon France DE flag icon Germany ARAB flag icon Global العربية NO flag icon Norway IN flag icon India IN-EN flag icon India-en NL flag icon Netherlands SE flag icon Sweden DK flag icon Denmark FI flag icon Finland
Cookie icon
このウェブサイトをより便利に使うために、クッキーを使っています。 サイトの利用に、ブラウザーでのクッキーファイル保存に 同意します。 サイトにアクセスすることで、ブラウザーでのcookiesファイル保存に 同意しています。