ノバキッドでのバーチャルトリップは単なる英語レッスンではありません
楽しい英会話

ノバキッドでのバーチャルトリップは単なる英語レッスンではありません

バーチャルエクスプローラー コースは、ガラパゴス諸島、南米のイグアスの滝や、ロンドン、パリ、ワシントンの美術館めぐりといった、世界有数の素晴らしい場所への、テーマの沿った60回以上のVR旅行で構成されています。子どもたちは、南極でペンギンを観察したり、スペインのアルタミラの洞窟壁画を自分の目で見て驚嘆の声を上げたりことができます。また、ノバキッドのバーチャル3Dツアーでは、史上初の飛行機を内側から探検したり、インドの市場でスパイスを「買い物」したり、ロンドンでスケートボードに乗ったり、ニュージーランドでロード・オブ・ザ・リングの撮影現場を訪れたりすることもできます。レッスンでは、子どもたちは先生と一緒に世界を探検し、それについて英語で話します。

「各レッスンには、単語や文法的な構成要素のセットがついていて、子どもたちは先生の助けを借りて『旅』の間にそれらを使わなければなりません。言語能力以外にも、子どもたちが批判的思考力や創造性を養うことも支援します。例えば、あるレッスンでは、子どもたちは自分でビデオゲームを作ることができます。」と、ノバキッドの教育プログラムの責任者であるエイミー・クロヴェレツカヤは述べています。

ノバキッドのバーチャル・エクスプローラーコースは、内容言語統合型学習(CLIL)に基づいています。このメソッドはデイビッド・マーシュによって前世紀末に考案されたもので、与えられた言語の本物の話題や教材を使って外国語を学ぶことを主眼としています。

「意味がないのに、なぜ言語を学ぶのか?それこそが、子どもたちが外国語を学ぶときに障害にぶつかることが多い理由です。」と彼は述べています

CLILでは、生徒は言語を教科として捉えるのではなく、新しいことを学び、世界観を広げるためのツールとして使うことを学ぶことができます。 

このメソッドは、すでに中級レベルの英語力を持つ生徒を対象としています。また、バーチャルトリップのテーマは、小さな子どもたちには難しすぎると思われるかもしれません。そのため、ノバキッドの方法論研究者は、11〜12歳の年長の生徒にバーチャル・エクスプローラー・コースを勧めています。

「レッスンのテーマを選ぶ際には、この年代の子どもたちの個性を考慮しますが、最も重要なのは、選んだテーマの関連性です。例えば、環境保護は世界的に重要なテーマであり、バーチャル旅行でもその話をすることがあります。一方で、新しいレッスンのコンテンツを選ぶ際には、先生方の文化的背景を考慮するようにしています。ノバキッドは国際的なコミュニティであり、私たちは自分たちの文化で特別なものをお互いに共有し、それを生徒たちに教えています」とエイミー・クロヴェレツカヤは述べています。

パノラマ3Dツアーのおかげで、生徒たちは自宅にいながらにして「旅行」することができます。[パノラマスライドは360°回転できるため、生徒は細部まで学習できます。「最も重要なことは、子どもたちがその場所を見て歩き回ってから、先生と一緒に話し合うことができるということです。それは子どもたちにとって興味深く、魅力的な冒険である上に、VR技術によって非常にリアルに感じられます」 , エイミー・クロヴェレツカヤは述べています。バーチャルエクスプローラーのレッスンはすべてノバキッドのプラットフォーム上で行われるため、追加のソフトウェアをインストールする必要はありません。

ノバキッドの方法論研究者は、バーチャルエクスプローラー コースのために、毎月、新しい魅力的なツアーを作成しています。10月にノバキッドプラットフォームで開始された新しいレッスンでは、エコツーリズムやマスツーリズムについて先生と一緒に学び、新たに8つの国、ニュージーランド、アイスランド、モロッコ、南アフリカ、日本、インド、トルコ、ブラジルを訪れることができます。そして将来の旅行のための大がかりな計画について話すことを学びます。

こちらのリンクからノバキッドの無料体験レッスンにお申し込みいただけます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。