ノバキッドまほう学校。第8章
ノバキッドまほう学校

ノバキッドまほう学校。第8章

...アストロとルナ、マーティーのけんきゅうしつをたずねる

マーティーがドアをあけて、アストロとルナが見たのは、まさにおどろくべきこうけいでした。マーティーのへやは さまざまなきぐでいっぱいでした。けんびきょうやびんのほか、マグネットコイルがついたわけのわからないそうち、ワイヤー、ちょう小がたかいろがありました。音楽スピーカーのよこには、とうめいなガラスとびらのついた、きょだいな れいぞうこがあり、中には さまざまなぶっしつがはいった、あらゆる色と
形、大きさのびんが つめこまれていました。みどりのゼリー、青いえきたい、そしてむらさきいろのクリームがいくつか。

「わあ!すごい!」ルナはさけびました。ほんもののけんきゅうしつね!」
「かっこいい!」 アストロはこうふんして言いました。
「ざんねんながら、あいているばしょがなく、あらゆるしゅるいのどうぐがつめこんであるのですが、どうにか考えましょう」マーティーはそう言って、小さな手で、テーブルの近くのひじかけいすにおかれた きょだいなはこをつかみ、後ろにたおして ゆかにおきました。「さあ、これで、ひじかけいすと はこの上に すわれます。」
「それで、これはなに?」アストロは、きんぞくのはこをさしてたずねました。

続きを読むためにダウンロード

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。