楽観的な子供を育てる方法 - Blog Novakid Japan
モチベーション

楽観的な子供を育てる方法

「どうしたらいい?」「できない」「うまくいかない」とお子さんから聞いたことはありますか?これは、専門家から見ると将来に「学無力感」につながる可能性があると考えられています。

否定的な考え方は、悲観主義者の思考を育っていきます。子供が失敗を恐れず、新しいものに挑戦しようとする気持ちを育てるためのコツを保護者さまの視点から解説します!では、具体的にどのようにしていけばいいでしょうか?  

自主性
自主性を育てるには、子供の努力を褒めるようにしましょう。多くの子供の場合は、「しない」という言葉は「できない」という意味を表しています。お子さんが努力してもできなかったことに対してどいう言葉を使いましたか?

子供の代わりに一人だけで家事をするという悪い習慣を取り除きましょう。自分だけでするのではなく、正しいやり方を子供に教えるのがとても大切です。お子さんは、自力で努力して目標を達成する体験が増えるほど、自信を持ち可能性を受け入れられるようになります。「自分でできた!」という子供の努力に対して褒め言葉を使いましょう!  

例1. ミホさんは娘に料理の基本を教えたかったので、昼ごはんの準備をしたときに娘に手伝ってもらいました。娘さんが間違ったときには、野菜を粗く切りすぎたとき、餃子を綺麗に作ることができなかったとき、ミホさんはいつも怒り出して「自分でやるから、ちょっと休んでね」と言いました。その言葉のせいで子供が無意識に「どうせ自分はダメなんだ」と思ってしまいます。娘さんは料理の基本を学びましたが、一緒に料理することに対してポジティブな感覚がなくなりました。

例2. 息子は学校でうまくいかず、授業をサボって、宿題をしたくなくなり、大人が言っていることを全然聞きませんでした。

ある日、お父さん(起業家)は息子を仕事に連れてきました。部下の間違いのせいでお父さんの会社がどれだけ経済的損失をしたことを息子に見せて、社員の仕事を担当するのはどれだけ大変なことも説明しました。学校で勉強することは、将来の仕事での問題解決力につながるので、今勉強しないと仕事ができなくなるということを息子に教えてあげました。

ポジティブな思考
子供たちはいつも両親を真似するので、子供のためにポジティブな人になっていきましょう。子どもたちは「できない!」「いつもそう!」と言っても、ママの影響力が大きい幼少時に、できるだけポジティブな言葉を選んでコミュニケーションを取るのがおすすめです。子供の思考があっという間に変わっていきます!

現実的に考えるのを忘れないこと: 問題の「責任」は他の人にあるではなく、自分の不満を他人のせいにするではなく、自分の力で問題を解決し、約束を守りましょう! 実現の可能性が低いなどの理由で結局は否定する言い方「それはいいけど…」も、子どもの感情をネガティブなほうへと導いてしまうので、「いいね!どうしたら実現できるかな?」というポジティブシンキングをとることで、創造力を前向きに伸ばしていくことができます。

間違いを認めること
間違いは誰にでもあるものですから、しつけとして子供に不当に罰を与えた場合は、謝罪し、償いをしてみてください。正義感は子供時代にとても重要なものです。大人が自分の間違いを認めることができれば、子供もできるようになるでしょう。

家族とより多く時間を過ごすこと
感情は素晴らしいものなので、家族の「枕の戦い」やゲームで時間を楽しく過ごすなどをすると、普通の日々でも気分が明るくなるでしょう。

一緒に映画を見たり、旅行したり、感情の表現が違う他の国の文化を子供に見せましょう。そうすると、お子さんが世界をより広く見て、よりオープンな人になれるでしょう。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。