良いオンライン英語スクールの選び方:質の高い学習の5つのサイン - Blog Novakid Japan
教育

良いオンライン英語スクールの選び方:質の高い学習の5つのサイン

パンデミックにより、教育分野では、オンライン学習の開発と、その利点を評価し、欠点に対処することが求められています。もちろん、その主な利点の1つは、自宅で快適に勉強できることです。主な欠点は、レッスン中に子供の注意を維持することが難しいことです。子ども向けの英語コースを含むこのパンデミック後のオンラインコースのブームで、親御さんたちは少々混乱しています。親御さんたちは自分自身に問いかけます ― 第一に、自分の子どもに最も適したスクールをどのようにして選べばいいのか、そして第二に、それはただの遊びではなく、効果が出るのか。

オンラインレッスンの種類

子どもをオンライン学習に移行させなければならなかった人々は、この方法がすべての学生に適しているわけではないという結論に達したかもしれません。中高生には使えるかもしれないが、小学生以下には絶対に無理だ。それは教育というより、拷問に近いものじゃないかと。そして、2020年に起こったことは、まさに「拷問」でした。すべてが突然の出来事で、先生たちは自分たちのやり方でなんとかしなければなりませんでした。しかし、カリキュラム外の先生たちの適応は早く、またパンデミックの際にはオンライン形式が非常に有用であることが証明されたため、オンライン形式にこだわる授業も一部ありました。まず、これには語学の授業が含まれています。

では、効果的なオンライン語学授業とはどのようなものでしょうか。

項目1. 魅力的なデザイン

もし、オンライン授業で、教科書を白黒スキャンしたものや、 白黒の小さな読みにくいフォントでびっしりと書かれたPowerPointのスライドが使われていたら、5分後には子どもが興味を失い、先生の言うこと以外に注意が向いていても不思議ではありません。

質の高いオンラインレッスンとは、オフラインでの学習から得られたテクニックと、幅広い情報やコンピュータリソース、きちんとしたビデオや、オリジナルの英語サイトから引き出された他の教材を巧みに組み合わせ、魅力的で生き生きとしたインタラクティブで効果的な英語レッスンを実現するものです。

項目2. 注意力を維持する

明らかなことですが、テクノロジーを利用するということは、ビデオやサウンドエフェクトが豊富に用意された様々なプログラムを利用して生徒の注意力を維持することができるということを意味します。例えば、Word Wallは、語彙を増やし、文法を改善し、読み書きや会話の学習を整理するのに役立ちます。

しかし、誰もがオフラインでの学習から得たテクニックをオンラインレッスンに上手に取り入れることができるわけではありません。先生の中には、これまで教室で培ってきたノウハウを無視して、オンラインに移行してしまう人もいますが、それはとても残念なことです。

·         第一に、教室でビデオやオーディオなどの特殊効果を頻繁に使用すると、子どもたちが疲れてしまいます。子供がアニメーションを見るときに年齢制限があるのはこのためです。

·         第二に、1つのタスクから別のタスクに切り替えた方が、ずっと長く注意が保たれます。タスクの例としては、ビデオを見る、マウスを操作する、体を動かす、聞く、先生の手にある物について議論する、Word Wallで練習する、などがあります。

·         第三に、現実世界の物を使って授業を行うと、アニメーションよりもずっと子どもたちの興味をそそることができます。 子どもたちは、自分のペットやお気に入りのおもちゃ、絵や工作、本などを先生に見せるのが大好きです!

項目3. ゲーミフィケーション

遊びを通して学ぶことも21世紀の教育のモットーかもしれません。それに、オンライン学習中以上に、ゲームを使った教育に頼るのが便利な時はあるでしょうか?障害を乗り越え、様々なステージやレベルを通過し、クエストやクイズをクリアし、賞品を手に入れる…先生にはあらゆる手があります。また、インタラクティブなオンライン授業を行う独自の教育プラットフォームを持つスクールであれば、間違いなく、子どもたちは英語のレッスンを楽しみにするでしょう。

項目4. 先生

結局のところ、オンライン学習とオフライン学習の両方の成功とレッスンの効果は、完全に先生にかかっています。生徒の進歩、モチベーション、レッスンや学習言語への興味に責任を持つのは先生です。それぞれの生徒に適したアプローチを選択することは、それ自体がサイエンスなのです。それがオンライン学習となると、まさに芸術の域に達します。

オンラインの先生は、画面を通して子供の気分の変化を感じ、光の速さでそれに対応できなければなりません。これには、高レベルの専門的な教育能力、つまり生徒に関する必要な知識とスキルを持っているだけでなく、高レベルの共感と確立された感情的知性(EQ)も必要となります。

もし先生が、提案されたタスクに対する子どもの否定的な反応に気づかず、対応しなかったら、もし子どもが明らかに退屈しているのに、先生が何も変えなかったら、そのレッスンは良いものにも効果的なものにもなりません。

項目5. インタラクション

オンライン学習では、先生と生徒の間にポジティブな感情の交流があることが重要ですが、それ以上に重要なのが、目標言語でのインタラクションです。レッスン全体の少なくとも2/3は英語で行う必要があります。さらに、先生だけが話していてはいけません。

外国語を効果的に教えるには、最初のレッスンの最初の段階から目標言語でのコミュニケーションが必要です。先生と生徒が英語であいさつをし、前のレッスンで習ったことを繰り返し、新しいことを紹介し、それを英語で定着させる必要があります。これは、対話の自然な流れの中で行われるべきであり、それによって子どもは目標言語での話し方を学ぶことができます。

上記の項目は、オンラインレッスン中の生徒と先生の効果的なインタラクションを作り出すことに役立ちます。魅力的なビジュアルやコンテンツ、ゲーム、気分の変化への気づき、生徒への気配りなどが、オンラインレッスン中の会話を維持するために役立つことでしょう。

オンラインレッスンのほとんどの時間、生徒が沈黙している場合は、選択したアプローチを見直す価値があります。

私たちが選ぶ、4歳から12歳までのオンライン英語レッスンに最適なスクールは「ノバキッド」です。レッスン時間は25~30分ですが、この時間は偶然に選ばれたものではありません。オンライン教育の分野での研究によると、子供が活動的で生産的になるためには、この時間で十分であることがわかっています。ネイティブの先生は英語でのみ話します。非言語的手段を多用することで、子どもたちとの意味のあるインタラクションを実現しています。オンラインレッスンのための特別なインタラクティブ・ルームがあり、ICT(情報通信技術)とエデュテインメント(エンターテインメントを通じた学習)の分野における最新のイノベーションを利用して、子どもたちとのレッスンを行うことができるようになっています。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。