英語のいろいろな方言や訛りについて知る Novakid 日本
教育

英語のいろいろな方言や訛りについて知ろう:国や地域によってこんなに違う?!

いろいろな英語の方言

日本国内だけでもたくさんの方言がありますが、英語にもたくさんの異なる方言があります。アメリカ英語とひとことで言っても、地域によって特徴的な方言がありますし、イギリス国内も同じです。さらに世界中ではなんと80か国以上で英語が母国語、あるいは公用語の一つとして話されているので、当然ながら世界で話される英語の方言は特色豊かです。今日は英語のいろいろな方言や訛りについて、アメリカ、オーストラリア、シンガポールの例を挙げながらご紹介したいと思います。

アメリカ英語とイギリス英語の違い

イギリスとアメリカは、共通する1つの言語によって隔てられた2つの国であると言われる場合があります。同じ英語でもイギリスとアメリカでは発音やイントネーションもずいぶん違い、使う単語もまったく違うことがよくあります。意外に思いましたか?たとえば、世界的ベストセラーとなったイギリス発のファンタジー小説、『ハリー・ポッター』の最初の翻訳は、イギリス英語からアメリカ英語への翻訳だったそうです。

アメリカでは地域によってアクセントや使われる言葉の特徴がありますが、一般的な大きな特徴としては次のようなものがあります。

  • tが「ラ」に近い音になる:get up→「ゲラップ」
  • oが「ア」に近い音になる:hot→「ハット」
  • rの音が強調され発音される

bitterはイギリスでは「ビター」とtをしっかり発音しますが、アメリカでは「ビタール」に近い、rを強調する音になります。

  • 綴りでuが抜ける

harbor (=harbour 湾), favor(=favour 親切な行為), color(=colour 色)など

  • 末尾のreがerになる

  center(=centre 中心), letter(lettre 手紙)など

  • 単語の綴りが省略される

  catalog(=catalogue カタログ), diarrhea(=diarrhoea 下痢)など

  • Iseのスペルがizeになる

  realize (=realise 気づく) finalize (=finalise 完成させる) など

  • イギリスとは異なる単語が使われる

trunk(=boot 車のトランク)、gas(=petrol ガソリン)、subway (=underground/tube 地下鉄)、elevator(=lift エレベーター), apartment(=flat マンション)、sneaker(=trainer運動靴)、diaper(=nappyおむつ)など

オーストラリアの英語

オーストラリアの英語はロンドンの下町やイギリス南部で話される訛りやアイルランドの英語がベースになっています。オーストラリア方言の代表的な特徴としては次のようなものがあります。

  • 「a/ei」が「アイ」に近い発音になる

mate(マイト)、eighty(アイティ)、say(サイ)など

  • 「i」が「oi」に近い発音になる

like(ロイク)、night(ノイト)など

  • 語尾のgが発音されない

イギリスでもカジュアルな場面でgの発音が省かれることもありますが、オーストラリアの方がより広く一般化されています。jumping(ジャンピン)、 singing(スィンギン)など

  • 単語が省略され語尾が「イー」に変わる

brekky (=breakfast 朝食) 、mozzie (=mosquito 蚊) 、Aussie (=Australian オーストラリア人)

シンガポールの英語

シンガポールの母国語はマレー語で、他にも中国語やタミル語を話す人も多くいます。異なる民族が小さな国に集まっているシンガポールでは、互いの言語を理解することが難しいため共通語として英語が話されています。道路の標識や公的文書も英語であるなど、英語は母国語に近い存在です。そして、シンガポールでは「Singlish(シングリッシュ)」と呼ばれる方言があり、マレー語・中国語・タミル語の影響を受けた英語が話されます。

シンガポール方言の特徴としては次のようなものがあります。

  • 文末に「lah」をつける

日本語でいうと「〜だよね」という感じです。強調する意味で、”Don’t worry, lah”(心配しないでね)のように使います。

  • 質問は通常の文章の末尾に「hah」や「mah」をつける

とにかくいかに簡単に話すかが特徴で、”Do you…?” ”….isn’t it?”のような形は使いません。 “Jane is your friend mah?”(ジェーンはあなたのお友達だよね?) “Take this away hah?”(お持ち帰りですか?)

  • 主語やbe動詞を省く

”Tomorrow can.”(=Tomorrow i can.)(明日なら大丈夫) “No good lah.”(=I’ts not good.)(よくないね)”Can or not?”(=Can you or cannot?)(大丈夫?できる?来れる?)”I going shopping today.”(=I am going shopping today.)(今日ショッピングにいくつもり)

  • 単語を短くいう:park(パッ) steak(ステク)
  • thの発音がtやdになる:this→dis、three→treeなど
  • マレー語や中国語などから単語を引用する

Alamak(ありゃ)、jalan jalan(お散歩する)など

  • 音節を切って発音する

英語が一つの単語の中で強調する部分が一つなのに対し、シングリッシュは音節を強調するためカクカクした感じで聞こえます。

  • 接続詞を省く

whenやifなどは使いません。”Call me, can wake up.”(If you call me, I can wake up.)(電話してくれたら、起きられる)

いかがでしたか?国によってこんなにもバリエーション豊かなことに気づかされますよね。

ただ、英語をこれから新しく学ぶ時はあまりアクセントが強いと正しい発音ができなくなるのでは?と心配にもなります。ノバキッドの教師は国籍もばらばらですが、採用基準は非常に厳しく設けられています。すべての教師は、多くの選考プロセスを経て採用されます。そして、その要件の1つとして標準的な英語、つまりRP(Received Pronunciation)を教えることが必須とされます。これは、子供たちに言語を教える際に特に重要なことで、子供たちは先生の真似をして新しい音の発音を学ぶからです。だからノバキッドでは文化的多様性に触れると同時に訛りのない標準的な英語の発音をマスターすることが可能です。まずは無料体験レッスンから始めてみませんか?

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。