楽しく英語を学ぶ:効果的なのはなぜ? - Blog Novakid Japan
モチベーション

楽しく英語を学ぶ:効果的なのはなぜ?

遊びを通して学ぶことは、子供が英語を学ぶ上でとても大切です。なぜなら、いやいや勉強するものは継続せず、知識として定着しないからです。反対に、楽しみながら学ぶものは意欲が高まり、もっと知りたい、という気持ちにつながります。

子供は大人に比べると、長時間、1つのことに集中することがとても難しいです。そのため、子供の英語学習を効果的に進める上では、できるだけ子供の心を捉え子供が興味をもって学べるようにすることが大切です。さらに、教科書学習だけや机に向かうだけの勉強は楽しみに欠け、子供の学習モチベーションは低下してしまいます。そうではなく、先生や親と一緒に英語の歌を歌ったり、英語で物語を読んだり聞いたり、身体を動かしながら英語の単語や言い回しをする方が自然に生まれる関心や自由な意志を使うのでより高い学習効果を得ることができます。

「遊び」は子供の心身の成長には欠かせない、食事や睡眠、排泄などと同じくらい重要なものです。遊びを通じて、子供は自由に自分の感情や考えを表現し伝えます。親や友達と一緒に自由な時間を過ごし、絆を深める上でも遊びは重要です。遊ぶことで、創造性や柔軟性が鍛えられ、コミュニケーション力が高まります。遊びは子供の自発性を育みます。遊びと似た言葉に娯楽がありますが、遊びと娯楽は自発性があるかどうかという点で変わってきます。遊びは日常的なものであり、その知識は蓄積されていきます。継続性があり、日常のなかで遊びを見つけていくことができます。一方で娯楽は非日常的なものであり、そこで得たものは蓄積されるのではなく消費されていきます。遊びは、子どもの「やってみたい」「遊んでみたい」という気持ちから始まる自発的なものです。一方で娯楽は、受動的なものであるという違いもあります。遊びと娯楽を一緒に考えてしまい、娯楽であるテレビや電気じかけのおもちゃばかりを与えていると、子どもの自発性を育てることができず、与えられるものを受け入れるだけの人間になってしまいます。子供が受動的にならず主体性をもって遊びながら学べるよう、子供の発達の可能性を最大限に活用するよう、教師と親は工夫する必要があります。

遊んでいる子供の目はイキイキとして輝き、快活な姿を見せてくれます。遊びに夢中になっているとき、子供は自発的・自主的に行動しています。おもちゃや道具を使って遊ぶときは、創造力や、知恵、工夫が試されますし、友だちと一緒に行動することで、協調性や社会性、考える力や自立心が育まれます。また、物事への探求心、知的好奇心も大いに刺激を受けていることでしょう。

英語学習に遊びの要素を取り入れる方法はさまざまです。英語の歌を一緒に歌うのもよし、絵を描いたり、身体を動かしながら英語を覚えるのもよいでしょう。英語を使ったゲームをするのもおすすめです。

ノバキッドの英語レッスンは遊びのもつ高い学習効果を最大限に活かした内容になっています。子供が生き生きと英語を学ぶことができる工夫がたくさん詰まったノバキッドのレッスン。まずは無料体験レッスンで体感してみてください。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。