ノバキッドまほう学校。第15章
ノバキッドまほう学校

ノバキッドまほう学校。第15章

…おそれ知らずのぼうけんしゃたちが、ノバキッドビルにあつまる。

アレックスは、しんぱいでした。けっきょくのところ、友人たちは、でんせつのまほうの森を通って、きょうあくなグレムリンの国までたびをしてくれるようにアレックスにたのみました。とちゅうで何が起きてもおかしくありません。アレックスは、自分のことはしんぱいしていませんでしたが、お母さんとお父さんはしんぱいするかもしれないと思いました。もちろん、人間かいでは、まほうかいとは時間のたち方がちがいますが、それでも、アレックスがいないことに気づくかのうせいがあります。そこでアレックスは、わるがしこい(またはそう自分で思った)計画を思いつきました。友だちのダニエルとそうだんし、アレックスのりょうしんに、アレックスはダニエルの家に来てひとばんとまると、つたえてもらうようにしました。そしてじっさいは、アレックスはハイキングにひつようなものをすべてリュックサックにつめました。かいちゅうでんとう、まほう言語のじしょ、きがえのくつした、ボトル入りの水、そしてポテトチップスのふくろ。アレックスはリュックをとじ、いきをすって、はいて、そして大声で言いました:
“Novakidville!”

続きを読むためにダウンロード

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。