モチベーションについて:なぜ英語を学ばなければならないのか、お子さんにどのように説明すればよいのでしょうか? - Blog Novakid Japan
教育

モチベーションについて:なぜ英語を学ばなければならないのか、お子さんにどのように説明すればよいのでしょうか?

真にグローバルな世界では、(最低限)英語を知ることが不可欠です。外国語を上手に使いこなせれば、大きなチャンスが得られ、多くの扉を開くことができます。残念なことに、多くの人がこのことに気づくのは学校を卒業してからであり、その時には追いつくのは非常に困難か不可能になっています。そうそう、英語を適当な時に学ばなかった 「なまけ者」の大人たちが、今になって後悔しているという、よくある話です。

多くの親は、このような運命から自分の子どもを守るにはどうしたらよいかと考えます。そして、「心配しなくても、子どもは学校で勉強する」と考えている人は、間違っています!誰もが経験することですが、学校で英語を学ぶ子どもはほんのわずかで、残りの子どもたちは追加で支援を受けるか、あるいは…あとで悔やむことになります。

学校に頼るべきではない理由

普通の学校が何年もかけて英語を教えることができないのはなぜでしょうか。例えば、ロシアでは、2年生から英語を学び始め、少なくとも週に2回授業があります。5年生からは週3回の授業になります!カラフルな教科書、写真、面白い絵、歌、韻、オーディオタスク、国や文化の学習(興味深い場所、休日、伝統に関する多くの情報)、クロスワードパズルなど。英語学習はとても楽しいものになっています!昔とは違うのです。私たちの時代には、薄っぺらい退屈なページ、白黒の絵が3ページに1つ、そしてたくさんの文章を訳さなければなりませんでした…

しかし問題は、以前と同じように、英語教師がアルファベットを教えることから始めていることです。子どもたちは、聞くことや話すことを習うよりも、すぐに読んだり、ディクテーションを書いたり、文法のルールを学んだりしています。これは2年生にとってはなかなか大変です。問題はここにあります。結果として、子どもたちはすぐに学習への興味を失い、2-3回悪い成績を取ると、英語が嫌いになってしまいます。英語は難しくて、退屈で、おもしろくないものだからです。

これを防ぐ方法はただ一つ、子どもたちが学校に行く前に言語を学び始めることです。これにより、一定の言語基盤が形成され、子供たちは学校でこの心理的障壁を克服するために無駄な時間を過ごさなくて済むようになります。それどころか、すでに知っていること、覚えていることを繰り返すことで、自信が持てるようになるのです。学校ではすべてが違うので、子どもたちは退屈しません。それでも、よい成績を取り、成功を実感することは、英語学習を続けるための頼もしいモチベーションになります。

すでに学校で英語学習を始めていて、つらい思いをした子どもをやる気にさせるには?

お子さんが「こんなひどい言葉は嫌だ」といつも不平を言っているようなら、何かを学ばせるのは難しいでしょう。もちろん、飴と鞭方式を使って「モチベーションを与える」ことはできます。しかし、この場合、お子さんは外部からモチベーションが与えられます ― モチベーションが自分の中から起こるのではなく、状況下で必要なことをするだけです。しかたないから勉強する、落第点は取りたくないから、または、あれやこれを約束されたから…

場合によっては、外部からのモチベーションが大いに役立ちます。たとえば、意識している目標がある場合です ― 良い仕事を得たり、海外に行ったりするために、英語を学びたい。そうすると、設定した目標を達成するために英語が必要になります。しかし、子どもの場合は、目標を持っているのはむしろ親です。親は子どもに悪い成績を取らせたくないのです。したがって、「飴と鞭」方式がうまくいくのは、ある程度までです。では、どうしたらよいでしょうか?

まずは、興味をそそること

どうやって?!どのみち、列車は駅を出てしまっています。「ポッポー!」乗るには遅すぎたのです。お子さんにとっては、英語がネガティブなものと結びついています。それでも、学校のカリキュラムをもう一度よく見たり、宿題を手伝ったりしてやってみる必要があります。それがうまくいかない場合は、学校と学校のカリキュラムを忘れてしまいましょう。学校以外のコースを取るのです。しかし最初に必ず、そこで書くことや読むことのような退屈なことを学ぶだけでなく、お子さんが楽しいことをし、英語を話す練習をすることを確認してください。

子どもはそこで楽しいことをするが、学校の宿題や悪い成績の方はどうしたら?

成績は後回しにできます。まず、子どもの興味を引き出し、英語はそんなに悪いものではなく、実はとても楽しいものだということを理解してもらう必要があります。それにより、成功していると感じ、自己肯定感を高めることができます。成績は出ませんが、がんばったことをほめてもらえます。だれでも、ほめられるとうれしいものです。ほめられると、大人でもずっと自信が持てるようになると、心理学者は口をそろえて言います。ネガティブな気持ちがなくなれば、子どもは英語の勉強に興味を持ち、学校でも成績が上がるようになるでしょう。すぐにではありませんが、いずれはそうなります。

英語が好きでこれまで順調だったのに、5年生になったらどうするべきか…

ああ、悪名高い5年生!まず忘れてはいけないのは、11~12歳の子供たちは、これからティーンエイジャーになろうとしている、不器用な年齢だということです。彼らの全世界はひっくり返り、すべての価値観が見直され、興味の対象が大きく変わる時なのです。以前、お子さんが英語の勉強を楽しんでいたとしたら、それはプロセス自体が好きだったから、先生が好きだったから、成績が良かったから、それが今は…。今は、これらすべての意味は何だろうと考えています。なぜ、このような努力をするのか?成長したお子さんに、「なぜ英語を学ぶべきなのか?」という問いに対する明確な答えを提示する時が来たのです。

そして、英語を学ぶことの全体的な意義や、英語がどのように国際的なコミュニケーションの言語であるかについて、冷静に話し合うといいでしょう。また、ご自分のつらい運命について話すのを忘れないでください。英語を知らない人生がどれほどみじめなものか、自分の例で示してください。望んでいた仕事に就けなかった、空港で、自分で説明できなかった、海外旅行に行ったときにデザートではなくとんでもないものを注文してしまったことなど、過去のつらい話をして、その考えを補強してください。少しだけ嘘を言って、よりドラマチックに聞こえるようにしてもいいでしょう。嘘も方便です。 大切なのは、冷静に説得力のある話をして、「的」を射るまで、つまり、お子さんにとって本当に大切で、努力する価値があると思えるものに行き着くまで、次々と論拠を示していくことです。以下に、親御さんがこの会話に取り入れると効果的な「英語を学ぶ理由」をご紹介します。

なぜ英語を学ぶのか

1. 英語は国際コミュニケーションの言語であり、世界中、中国でさえも教えられています。英語がなければ海外旅行中の生活は困難になるでしょう。道を尋ねることもできず、買い物もできず、おいしいデザートを注文することもできず、カフェやレストランでメニューを聞くこともできません。また、ビーチで他の子どもたちに話しかけることもできません。このように、たくさんの「できないこと」があります!何も知らずにただぼうっと突っ立っているだけなんてことになりたくないですよね。

2. 基本的な英語の知識があるだけでも、緊張してパニックになるのではなく、何が起きているのかを理解し、どんな状況でも自分で説明しようとする自信がつきます。したがって、英語を話すことは、旅行中のストレスの多い状況からあなたを守ってくれます。

3. 英語がわかれば、好きな曲の歌詞を理解して、友だちに訳してあげることができます。明らかに、友だちからは、あなたがかっこよく見えるでしょう。また、世界中のファンとSNSで「チャット」したり、アイドルのバイオグラフィーを読んだりすることもできます!

4. 英語が話せない状態でインターネットを使うのは、最新のiPhoneで通話とテキストメッセージだけ使うようなものです。英語がわかれば、ビデオ、映画、ポッドキャスト、ブログ、様々なトピックの記事など、英語でしか存在しないコンテンツの大部分を、難なく見たり読んだり聞いたりすることができます。

5. 英語が話せれば、世界の最新の発見や発明の情報を知ることができます。BBCやナショナルジオグラフィック、TED Talksで学ぶことはとても楽しいですからね!有益なレクチャーのほか、教育プログラム、トレーニングコース、映画もあります。

6. 世界有数の興味深い博物館へのバーチャルツアーを行うことができます。英語を話せば、自宅にいながらにして世界中の有名な観光地に行くことができるので、自己啓発や自分を成長させるための大きなチャンスとなります。そして、英語のオーディオガイドは、そのような旅のかけがえのない仲間となるでしょう。

7. また、お気に入りの俳優が出演する最新の映画やテレビシリーズを、あなたの母国語に吹き替えられる前のオリジナル版で見ることができるというのはどうですか?また、翻訳は必ずしもオリジナルの意味を正確に伝えることができるわけではないことも言うとよいでしょう。

8. また、お気に入りの本をオリジナル版で読むことができるので、翻訳版の発売を待つ必要がありません。

9. コンピュータゲームの中には、英語でしかできないものがたくさんあります!もちろん、プレイヤーも英語のみでコミュニケーションをとります。

10. 英語が話せれば、ソーシャルネットワーク上の人々とチャットすることができ、その日の天気や週末の予定、最新のニュースやセンセーショナルな出来事など、その日のトレンドについて何でも話すことができます。

11. 技術やITが好きな人にとって、英語は最新のガジェットやソフトウェアの説明書にアクセスできることを意味します。一般ユーザーにとっては、「ポップアップ」やその他のコンピュータの技術情報を理解する機会をもたらします。

12. 高校での英語力が高ければ、国際的なコンテストへの参加や、海外での高等教育を無料で受けることができる奨学金を獲得するチャンスもあります。しかし、必要なレベルの英語力を確認するテストがなければ、大学に入学することはできません。TOEFLやIELTSで高スコアを取る必要があります。これらの試験は自国で事前に受けることができます。また、学生ビザや就労ビザの取得にもこれらのテストが必要です。

13. 英語は世界への窓口になります。 例えば、海外の学生交換プログラムやボランティアプログラムに参加することができます。 新しい友達を作って、楽しい時間を過ごしましょう!

14. 英語ができないと、国際キャンプに行って、世界中の子どもたちと出会うことができません。

15. 英語を話せる人は14歳になると、国際的なスポーツイベントでボランティアをすることができます。候補者は面接を受け、厳選されます。18歳になると、海外で仕事に就くことができます。例えばフルーツや野菜の収穫などの仕事です。また、アメリカのサマーキャンプで働くこともできます。これには、英語の筆記試験が必要です。

16. 一般的には、英語力があれば、国際的な企業で高給の一流の仕事に就くことができます。英語を上手に話せれば、話せない人に比べて、常に給料が高くなります。

17. 国際的なコンテストやプロジェクト、会議やセミナーに参加するためには、もちろん英語力も必要です。そしてこれは、あなたの履歴書にもプラスになります。

わあ、このリストを読むと、かなりすごいですね。他の理由を追加しても構いません。意図は明確だと思います―この世界では、英語ができなければどうにもならないということです。そして、お子さんがこのことに気付き、英語を学ぶことに心を向けるのは、早ければ早いほどいいのです。しかし…繰り返しになりますが、お子さんにとって勉強が難しすぎて、すぐに飽きてしまうのであれば、これらのモチベーションを上げるポイントのどれも、お子さんを大切な目標に近づけることはできません。

また、学校の成績が英語力の指標にならないことも注目すべき点です。そのため、学校がお子さんに英語学習への興味を持たせられない場合は、そのための良い語学プログラムや教育プラットフォームを探す必要があります。

最近はオンラインスクールがあり、この学習形式は10~12歳の子どもたちにはとても合っています。一度、ノバキッドオンラインスクールのビデオレッスンをじっくりとご覧になることをお勧めします。先生は全員ネイティブなので、レッスンは英語のみで行われます。しかも、先生たちはその道のプロであり、どんな子でもやる気になる方法を見つけることができます。初回のレッスンは無料ですので、ぜひお試しください!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。